印鑑は一生物

イメージ画像

よくTVやラジオの通信販売の番組などで、認印・銀行印・実印の「豪華印鑑3点セット」などという内容の言葉を耳にします。

そもそも印鑑の用途による厳格な大きさの決まりがあるわけではないので、認印用の10.5mmサイズの印鑑を実印として使用することも可能です。ただし、認印、銀行印、実印を同じ印鑑で使いまわすのは防犯上かなり危険なことです。実印は、法律上および社会上の権利や義務の発生を伴う重要な印鑑です。印鑑証明、婚姻届、不動産登記、保険などの受領に使用するため、実印は印鑑登録証明書とともに「本人」であることの証明となります。決して同じ印影のものがあってはいけません。

実印をまだ持っていない、印鑑登録を行っていないという方は今から準備をしましょう。印鑑屋さんに行って、印鑑の実印を買おう!といっても、実印はじつは印鑑屋さんでは販売しておりません。
正しくは、販売している印鑑は同じ印影のものが無いとは言い切れないので、実印は新たに印鑑屋さんに彫ってもらいます。

実印の印影には戸籍上の文字を彫刻します。独身女性の方はもちろん、独身男性も将来的に苗字が変わる可能性があるので、名のみで彫刻される方も多いです。名前だけで彫られた実印は一生使えると思います。

いずれ、実印は一生ものの印鑑になるので、高級な印材を使ったものが選ばれます。そのなかでも希少価値がある、象牙をつかったものが印鑑の材料として最高の材料であるといわれています。
すぐれた押印性、耐久性などの機能面とともに、美しさや手に取った時の感触・重厚感などが、持つ者に満足感を与えてくれます。

~おススメ商品をご紹介! 実印をお探しのあなたへ~
実印に最適な印鑑材料は?といっても、一概にどれを選んでいいのか迷いますよね。
耐久性、見た目、価格、サイズなど、分からないことも多いと思います。
そんな時には、印鑑の専門店に、お気軽にご相談下さい^^
ホームページはこちらから!

このページの先頭へ